イントラレーシック体験記@適応検査

体験記@イントラレーシック手術の適応検査

レーシックの手術、今流行ってますよね。
私は目が悪かったので、すごく気になっていました。
ある日、このレーシックの手術を受けたことがあるお友達に「いいよ〜」とすすめられ、キャンペーン中で安くなってるということもあり、早速、主人に相談しました。
主人は私より目が悪かったので主人の方が手術を受けたかったと思います。二人で手術を受ける気にはなっていたのですが、検査の結果により、手術を受けたくても受けれない人もいるということで、まずは、検査に行きました。
検査では、すごく細かく視力検査をし、眼圧検査と、角膜の厚みを測る検査をしました。角膜が薄い方は手術が受けれないこともあるそうですよ♪
私たち夫婦は2人そろって手術OKでした。手術が出来るかどうかは、検査に行った、その日にわかりましたよ♪

イントラレーシックの検査で注意したいポイント

イントラレーシックの検査は、ほとんどの病院で予約制をとっているので、まず事前に問い合わせてみることが必要です。
そして、コンタクトレンズを使用している方も注意が必要です。
適応検査では角膜の状態を調べるので、コンタクトレンズをしていては正確なデータがでません。
ソフトコンタクトレンズなら検査の1週間前、ハードコンタクトレンズなら検査の3週間前から、使用を中止してください。
検査の当日は、自分で車やバイクを運転してこない方が賢明です。目薬を使い瞳孔を開く検査もあり、少しの間、眼がかすんだりすることもあるためです。
また、自分で普段使っている目薬などがあれば、参考のために持参してください。
以前に検査だけを受けて手術を受けず、手術を決心したという方の場合、間が空きすぎていると結果に誤差が生じる可能性があるので、病院に検査が必要かを問い合わせた方が良いでしょう。

イントラレーシック体験記

イントラレーシック手術で0.08から1.5に視力回復!術後の体験記リンク