イントラレーシックの手術

イントラレーシックの手術の内容について

イントラレーシックの手術内容としては、まず目をキレイに洗ってから、麻酔をかけますが、これは点眼タイプのもので痛みはありません。
次に、開眼器という機器を使い、まぶたを開けた状態に固定し、レーザーを角膜に向かって円状にあて、眼の中心に合わせてフラップを作ります。
その後、フラップを開けた状態にして、エキシマレーザーを角膜に照射し、角膜の屈折を調整しながら矯正していきます。
そして、水分などを取り除いたり、キレイに消毒して角膜を清潔に保ったら、フラップを角膜に閉じて始めの状態に戻し、手術終了となります。
手術の時間は、大体10分程度と短いので、患者さんの負担も少なく済みます。

イントラレーシックの手術に関してのQ&A

手術の間やその後、眼に違和感や痛みはあるのですか?
手術には、目薬タイプの部分麻酔を使用するので、痛みはありません。
手術後は、人によっては眼がしみたり異物感を覚えることもあるようですが、次第に引いていくので問題はありません。
ただ、例えば衝撃を受けたなどの理由により、眼に激しい痛みがある場合などは、速やかに医師に申し出て下さい。

手術の所要時間はどのくらいですか?術後はすぐに帰れますか?
手術の所要時間は、およそ10分程度とかなり短いので、すぐに終わり、体には負担がありません。
手術後は、状態が安定するまで少し別室で休みますが、入院の必要はなく、日帰りできます。
ただ、遠くから来院している方は、翌日も診察がある場合がほとんどなので、宿泊の手配をしておいた方が良いよでしょう。

手術を受けてから、どのくらいの期間で効果があるのですか?
手術の効果は個人差がありますが、大体手術から3時間くらいで、少しずつ視界がクリアになっていきます。
一日経つと、早い方なら、かなりはっきりとした回復がみられます。
平均的には、およそ1ヶ月で視力も安定してくるようです。
回復率は、3ヶ月後で平均1.65の視力になっている病院もありますが、ほとんどの方が1.0以上にはなるようです。

開院以来感染症ゼロの眼科クリニック

品川近視クリニック
おすすめ度 ★★★★★
レーシック手術では感染症への感染が最も怖いと言われていますが、品川近視クリニックでは徹底した感染症への取り組みが行われています。
手術室には空気がキレイに浄化されたクリーンルームが完備され、手術に使う器具や機器はオゾンなどを使って充分に滅菌しています。
また、手術用の手袋などは使い捨てにし、手術衣などもきちんと消毒されているなど衛生管理を徹底しています。
このような徹底した取組みが、開院以来感染症の発症例ゼロという安全性の高さにつながっています。

イントラレーシック体験記

イントラレーシック手術で0.08から1.5に視力回復!術後の体験記リンク