イントラレーシックの検査

イントラレーシックが可能かを判断する適応検査

イントラレーシックの手術を受ける前には、十分な検査が行われます。
イントラレーシックの検査内容は、まず問診から始まり、次に角膜の厚さや形を調べ、屈折の度合いなどを測ります。
それから、眼の硬さを調べる眼底検査や視力検査、目薬で瞳孔を開き、瞳孔の状態を調べたりと、安全を守るための詳細な検査がされます。
最後に、精密な検査結果を元に、イントラレーシックが可能かどうかの判断が医師の診察によってなされます。
検査は、専門の資格をもった検査員が高性能の機器を用いて行う病院もあり、より精密で正確なデータが得られ、それを元に手術が行われるので安心です。
検査の所要時間は、どこの病院でも大体、3、4時間ぐらいです。
事前に予約制をとっている病院が多いので、問い合わせたほうが良いでしょう。

イントラレーシックの適応検査に関してのQ&A

検査の時期はいつで、所要時間はどのくらいですか?
イントラレーシックの検査は、初回の来院で受けることができるようです。
最近で予約制をとっている病院がほとんどなので、電話やインターネットでの事前予約が必要です。
検査は、角膜や瞳孔の状態、視力検査などたくさん項目があり、詳しく状態を調べた後、医師による診察があります。
所要時間は、3時間程度はかかる病院がほとんどです。

検査の費用は、いくらくらいかかるのですか?
検査費用は、どこの病院でも大体5,000円くらいかかるようです。
しかし、大手のクリニックでは検査費用が無料のキャンペーンを実施している病院もあるので、利用することをおすすめします。
手術を受けようか迷っている場合には、検査だけを受け検討することもできます。

検査は、どのようなことをどれくらい調べるのですか?
検査内容には、角膜の形状や厚さ、瞳孔の状態から眼底検査、視力検査など様々なものがあります。
これらの検査は、イントラレーシックを安全に行うためにとても重要です。
詳しく目の常態を調べるために細かい項目に分けて行われるため、大体10数種類の検査を受けます。
その後、検査結果を元に医師による診察があり、手術可能かを慎重に判断します。

適応検査が無料で受けられる眼科クリニック

品川近視クリニック
おすすめ度 ★★★★★
品川近視クリニックの適応検査は、視能訓練士の専門資格を持つプロの検査員が担当しています。
検査には高性能機器を使用して3時間程度かけて丁寧に行われており、正確な眼のデータを得ることができます。
角膜の形状や厚み、屈折度や網膜、眼圧の検査などが行われた後、検査データを見ながら医師がレーシック手術の可否を判断します。
検査はネット上の専用フォームからも簡単に申込できるので、一度受けてみてはいかがでしょうか。

イントラレーシック体験記

イントラレーシック手術で0.08から1.5に視力回復!術後の体験記リンク