イントラレーシック手術 | 術後の体験記

イントラレーシックの体験記

イントラレーシック手術を受けたので体験記を書いてみました。検査から手術後2週間までの注意点やレーシックとイントラレーシックの違いを説明しています。不安を解消してからイントラレーシックで視力回復してください。

イントラレーシックがレーシックより人気のある理由

薄くて均一な厚さのフラップが正確に作れる
ずれにくくシワにもなりにくいフラップが可能
角膜が薄い人でもフラップ作成ができる
レーシックよりも、クリアな視界を手に入れられる

レーシックを受けて、視力回復したいという方が増えています。そんな中、最近では、レーシックよりも優れているイントラレーシックが注目されています。
レーシックというのは、角膜にレーザーをあてて角膜の屈折を治すことにより視力が回復するというものです。
角膜にレーザーをあてる際に、角膜の上皮を少し切り取り、ふたのようなフラップを作ります。レーシックでは、このフラップを作る際に、マイクロケラトームという電動メスのような機械を使い、剥ぐように角膜上皮を切ります。
それに対し、イントラレーシックでは、イントラレーザーを円状にあて、眼の中心に合わせてフラップを作るという点が、レーシックとは異なります。
イントラレーザーを使うと、薄くて均等な厚さのフラップができ、さらにレーザーを直角にあてるので、ずれにくくしわにもなりません。
また、レーシックでは困難な角膜の薄い人でも手術可能で、フラップの断面が滑らかなために視界もより鮮明になります。イントラレーシックにはこのように利点が多いので、近視矯正の治療法として取り入れる病院が増えています。

品川近視クリニック | 世界トップレベルの最新レーザー機器で治療

品川近視クリニックは、イントラレーシックで視力回復を図りたいという方に最適です。
世界でもトップレベルの最新レーザー機器をイントラレーシック治療に導入する品川近視クリニックでは、安全かつ的確にレーザー照射し微妙な角膜の歪みを正確に矯正することができるため、よりクリアで見やすい視界を実現します。
さらに日本眼科学会が決めた技術レベルをクリアし、認定された眼科専門医がレーシック治療を担当し、ハイグレードな治療が受けられます。
適応検査は綿密に行われ、手術に関する丁寧な説明で施術の同意を得るインフォームドコンセントを実施しています。
品川近視クリニックでは、長期的な保証制度を設けているなどアフターケアも万全なので、術後も安心して生活できます。

イントラレーシック体験記

イントラレーシック手術で0.08から1.5に視力回復!術後の体験記リンク